2018年10月19日金曜日

【貴重な資料映像】日本陸軍 最前線の中隊本部の様子

ユーチューブを見ていて見つけました。中国大陸での実際の中隊本部の様子です。この映像の解説には、「中支那派遣軍第11軍。最前線の中隊本部の様子。生々しいドキュメンタリー。」と短くあります。

 刻々と変わる様子を把握しながら、必要な手立てを講じるために、控えている将校に次々と指示を与えています。また、現場から状況を伝えに来る伝令。それを聞き、地図を見、立体的に状況を把握していく中隊長。

出入口の外には、馬や犬、忙しく動く兵。大砲と機関銃の音は、四六時中聞こえています。また、小隊長なのか、担架で運ばれて来て、中隊長以下、将校がその様子を見に行きます。戦死したのかもしれません。

場面の最後は、本部を移動させます。後退では無く、戦況が好転したのか、前進させるようです。

戦国時代の本陣もこれに近い感じだったかもしれません。もっとも、大砲や機関銃を主体にした戦い方ではなかったので、高いとこから見下ろして、状況を把握していたのでしょう。鉄砲玉もそんなに遠くまで飛びませんので、もっとオープンな空間で指揮をしていたのかもしれません。
 しかし、伝令が来たり、出したり、という状況は同じで、そういう連絡や状況把握の仕方は、そんなに変わらないでしょう。

いずれにしても、実際の指揮所の様子が映像で残っていたのは、大変貴重だと思います。




2018年10月17日水曜日

明智光秀と池田勝正

永らくブログをご無沙汰していました。楽しみにされていた方はゴメンナサイ。

今後は、その償いができますように、できるだけブログを更新したいと思います。長文でなくても、できるだけ、こまめに。

2020年の大河ドラマは、明智光秀に決まったようですね。実は、池田勝正って、明智光秀とも浅くない関わりを持っています。同時代に中央政権に関わり、同じ幕府方の人物でしたので、それは必然です。
 また、池田衆は、足利義昭将軍政権の黎明期においては、最も頼りにされた勢力であり、軍事・経済力共に、摂津池田家は、将軍義昭を支える最有力として、正式に摂津守護(今の知事に相当)も任されていました。
 ですので、将軍側近の明智光秀とは、頻繁に顔を合わせ、打ち合わせを行っていたと思われます。京都に屋敷も構えていた筈です。
 元亀元年(1570)4月の朝倉攻めにおいて、後退戦を行った「金ケ崎の退き口」では、明智光秀と池田勝正が、幕府方として、また、木下藤吉郎秀吉が織田信長方として、その任務を果たしています。

これに続いて、間髪を入れずに「姉川の合戦」を計画し、これにも将軍出陣の準備をしていました。この時も、池田衆は将軍勢の最有力として従軍し、織田信長衆の後詰めを行う予定でした。
 しかし、三好三人衆の調略があり、池田家では内訌(家中騒動、クーデター)が起こって、 北近江出陣の計画は果たせませんでした。将軍と、池田衆の出陣ができなかったため、合戦において最も重要な後詰めを欠いて、姉川の合戦に臨みました。織田信長がこの合戦に苦戦したのは、そのためです。もちろん、戦術的不利だけではなく、戦略上もこの時には陥っていました。三好三人衆など、反織田信長勢力による一斉蜂起です。

池田勝正は、池田家内訌後は、幕府方として活動していましたので、引き続き、明智光秀や細川藤孝などとも行動し、将軍義昭を支えました。

きょうは、この辺で。