2016年3月11日金曜日

浅井・朝倉攻めと池田勝正 -この戦いが池田家の分裂を招いた-(はじめに)

筆者は池田郷土史学会の会員で、平成23年(2011)7月10日に「浅井・朝倉攻めと池田勝正 -この戦いが池田家の分裂を招いた-」と題して、研究発表を行いました。この年、大河ドラマで「江〜姫たちの戦国〜」を放映中でしたので、それに沿った内容で、池田勝正の関わりを紹介しようとの考えで企画しました。

史実として、越前朝倉攻めには池田勝正が従軍しており、その軍勢の中核的勢力として活躍しました。中心部分は「越前朝倉攻め」ですが、そこに至る経過とその環境、また、その事が、池田家の内訌につながったという要素を一つの線上にまとめて説明しました。

以下は、その時のレジュメの内容です。その後に気付いた事なども若干補足したり、ウェブ用に横書き体裁に変換して、皆さんのご参考になればと思い、公開したいと思います。
 
【摂津守護職として、将軍義昭・織田信長政権を支える】
 ◎池田衆の実力
 ◎諸役負担、軍事負担、一部の権利返
【浅井・朝倉攻め】
 ◎軍事行動の目的と池田家の役割
 ◎金ヶ崎の退き口から第二次浅井・朝倉攻め(姉川合戦)に至るまで
【池田家内訌】
 ◎内訌の様子とその後の勝正の動き
 ◎三好三人衆方に復帰後の池田衆の動き







0 件のコメント:

コメントを投稿