2011年9月10日土曜日

白井河原合戦に至るまで(その2:和田惟政の池田領侵攻の動き)

元亀2年(1571)8月28日、三好三人衆方である摂津池田家は幕府方和田勢に対し、摂津国郡山付近にて決戦(白井河原合戦)を挑んで見事に勝利を納めます。
 しかし、この戦いに至るには、その前段階があります。実は池田衆は幕府方から当面の集中的攻撃対象となっており、長期の攻防で池田衆が劣勢に立たされていました。その過程について、いくつかに分けてご紹介しますが、白井河原合戦を中心として、そこに至るまでの環境を確認したいと思います。

千里丘陵の南側も重要な場所です。吹田は要地であり、池田衆の影響力もある場所で、また、本願寺宗とも関係がある地域です。ですので、元亀2年当時は何らかの恊働関係があったようです。そして、ここには城がありました。どうやら平地と丘段上に城があったと考えられます。
 更に、吹田の北東1里以内の山田という場所に市場がありました。市場では様々な物品が取引され、米も銭に換金される場所です。ここも池田衆と関係があるようです。
 このように千里丘陵の周縁部は、交通や経済的要素が多く有り、池田方と幕府方の激しい攻防が繰り拡げられる必然がありました。

6月10日、京都へ通じる水上交通・流通を確保するため、和田惟政は吹田を攻撃して落とします。この時に和田方は57の主たる人物の首を取ったとあります。幕府方は吹田方面を重要視し、占領した吹田の支配体制を固めるべく直ぐに手も打っていたようです。
 同月23日、惟政は吹田から北西方向に直線距離で1里程(4〜5キロメートル)のところにある、摂津豊島郡桜塚善光寺内牛頭天王(現豊中市原田神社)へ宛てて禁制を下しています。
 しかし、翌月12日、惟政は三淵藤英と共に大和国へ出陣させられるなどし、幕府方は東奔西走しなければいけない状況だったたようです。ちなみに、この時の和田・三淵勢の状況は不利だったようです。
 この機を見て、三好三人衆方で大和国奈良に本拠を持つ松永久秀は攻勢に出、河内国若江城の三好義継と共に、高槻方面へ出陣します。摂津池田衆とも連携していたのかもしれません。
 しかし、同月22日、一週間程で久秀は撤退します。『多聞院日記』では、これについて準備不足であった旨を聞いた、としています。
 一方、惟政は松永方と交戦中の21日夜に京都へ入り、将軍と何かの打ち合わせを行ったようです。惟政は翌日、高槻へ戻ります。
 23日、幕府は早速惟政の要請に応じて、三淵藤英・細川藤孝を摂津国方面へ出陣させています。また、これに池田勝正が関わっていた可能性は高いです。
 26日、三淵は、南郷奈良春日社家目代へ宛てて禁制を下しています。ここに幕府が禁制を下したのは、池田衆にとって、大きな意味がありました。南郷社家目代の今西家と池田衆は、永年に渡り深い関係にあり、池田衆の収入の一部の中でも大きな要素を占めていました。
 ここに池田衆以外の勢力が禁制を下した事は、池田家中にも強い危機意識を抱かせた事と思われます。同時にこれの意味するところは、実効支配の勢力範囲であるからです。今西氏が地域情勢として幕府優位と判断した事となります。
 間もなく、池田勝正を含む幕府勢は、池田を数日間に渡り攻撃するまでになります。26日頃には既に池田を攻撃していたのかもしれません。
 しかし、池田方面は堅固であったのか、幕府勢は兵を退き、8月2日、池田勝正は原田城に入ります。これは池田の付城的役割と、吹田への備え、同じ幕府勢力の伊丹城との連携など複合的な意味があったと考えられます。
 さて、そんな中、松永久秀が大和国辰市にて大敗してしまいます。8月4日には、その松永方の主要な人物の首240程が京都に届けられます。これを見て、大和国や山城との国境の有力者が幕府方に寝返るようになります。

摂津国内へ視点を移します。

8月18日、和田惟政は千里丘陵から見ると西側の友軍伊丹忠親勢と合同で、池田方を攻めましたが、和田・伊丹勢は200名余りの戦死者を出して後退します。
 この頃池田衆は、大規模な反撃体制を整えつつあり、和田・伊丹勢は想定外の状況に出くわしたのだろうと思われます。200名余りが戦死するとは、小さくない規模です。
 また、この場所としては、幕府方がつながった勢力圏を維持していたのは、千里丘陵の南側です。和田方は吹田を経由して西へ進み、伊丹方は猪名川を渡って東へ進み、原田城あたりで合流。和田・伊丹方の幕府勢は、そのまま北上して、箕面川付近で交戦となっていたのかもしれません。ちなみにこの領域には、西市場城跡今在家城跡中之島砦跡豊島冠者故居などと伝わる城館跡があります。
 池田衆は、この頃には大挙して反撃する方針を決しており、体制を整えていたと考えられます。

大和国方面では松永方が一進一退であり、河内国南部方面でも三好三人衆勢力の戦線は膠着状態で、時間が経つ程池田方が不利になると考えた可能性もあります。もちろん、何らかの恊働方針の上での行動であったとも思われます。

8月22日早朝、池田衆は和田方へ決戦を挑むべく、東へ向けて総勢3,000の兵を出陣させます。


池田市郷土研究サイト:呉江舎(ごこうしゃ)




0 件のコメント:

コメントを投稿